イギリスのスラング

イギリスのスラング・その1

 

As you know we at Kensington love all things British and one major part of the English language is British slang which of course is evolving, adapting and changing from city to city and from year to year.

 ご存知の通り、ケンジントンの我々はイギリスの事物が大好き。イギリス英語の主要な部分を占めるものの1つには、街ごとに、年を追うごとに進化・順応・変化を続けている、イギリスならではの俗語(ブリティッシュ・スラング)があります。

Here is the first part of some very usual British slang terms. Please try and use them during our classes or between them with our teachers.

よく使われるブリティッシュ・スラング、今回はその第1部です。レッスン中やレッスンの合間に、先生達に使ってみて下さいね。

 

1. Mate

‘Mate’ is a very commonly used term in British English. It means friend or companion and is also used as a friendly form of address between men or boys.

 Ex. One of my mates is going to come over tomorrow for a couple of drinks.

1. 「(相棒という意味で)兄弟」

Mate という言葉は、イギリス英語でよく使われます。「友達・仲間」を意味し、男性同士や少年同士の親しい呼びかけにも用いられます。

例) 仲間が1人、明日ちょっと飲みに来るんだ。

 

2. Knackered

 ‘Knackered’ – a great word and phrase used to describe your tiredness and exhaustion.

Ex. I am absolutely knackered today.

2. 「壊れた」

Knackered – 疲れを表すのに使われる素晴らしい言葉です。

例) 今日は、すっげーくたくただ。

 

3. Gutted

 ‘Gutted’ – a British slang term that means bitterly disappointed or upset.

Ex. I was absolutely gutted when I heard that you lost your job. Hang in there, mate!

3. 「はらわたを抜かれた」

Gutted – ひどく落ち込んだり、ショックを受けたりしていることを意味するブリティッシュ・スラングです。

例) お前の仕事がなくたったって聞いて、めっちゃショックやん。踏ん張れ、相棒!

 

4.  Cheers

 ‘Cheers’ of course means ‘celebrations’ when toasting a drink with some friends, but in British slang, it also means ‘thanks’ and is also used to end a conversation.

Ex1. Cheers for getting me that drink, Paul.

Ex2. Cheers, mate. I’ll talk to you later!

4. 「乾杯」

Cheers は、友人達と乾杯するときの、祝福の言葉を意味することはもちろんですが、ブリティッシュ・スラングでは、「ありがとう」という意味もあり、会話の終わりにも使われます。

例1) おごってくれるお前に乾杯、ポール。

例2) ありがと、相棒。それじゃまた!