The year of the monkey

Jaimie’s Blog – The year of the monkey

申年

Hello everyone, welcome back, hopefully you have all overcome your holiday blues and by now are back into the swing of things, back to work and back to school. Nice.
皆さんこんにちは、お帰りなさい、ようこそスクールへ。皆さんが年末年始休みの憂さを晴らし、お仕事や学校に戻って、再び物事が動き出している今日この頃かと思います。ナイスですね。

Like I said in my previous blog we have lots of things planned for this year and hope to make your time with us as comfortable, fun, and informative as possible.
前回のブログで申し上げた通り、私達は今年さまざまなことを計画しています。皆さんがスクールを利用されるにあたり、できるだけ快適で楽しく、また有益な情報を得られますよう、願っています。

 

This year is of course the year of the monkey in Japan, we have a few quite common expressions/ idioms connected with monkeys so I thought I might teach you a few today.
今年は日本は申年ですね。よく使われる猿関係の表現や慣用句が英語にありますので、今回いくつかここでお教えしましょう。

Here goes.
では、行きますよ。

Monkey around (play around, not do something seriously)
「猿」し回る (ブラブラする、物事を軽く扱う)

Stop monkeying around! I want to get this finished and go home.
油を売るのはやめて!これ終わらせて家に帰りたいんだから。

Brass monkey weather (freezing cold)
「真鍮の型枠から大砲が落っこちるほどの」天気 (英俗・凍えるように寒い)

I’m not going out in that. It’s brass monkey weather out there.
あんな中外になんて出ないよ。外、めっちゃ寒いよね。

Cheeky monkey (often for kids, a cheeky child)
「厚かましい猿」 (しばしば子供に対して、厚かましい子供)

His mouth is going to get him into trouble one day, he’s a right cheeky monkey.
彼の口のきき方だと、いつか厄介なことになるだろうね、まったく横着なガキだよ。

I’ll be a monkey’s uncle! (to show great surprise)
「猿の叔父」になるぞ!(非常な驚きを示す)

I’ll be a monkey’s uncle, I’ve just won 1,000,000 pounds on the lottery!
驚いた〜、宝くじで100万ポンド当たったんだ!

Grease monkey (mechanic)
「潤滑油の猿」(俗・自動車などの整備士)

My car was making a funny noise so I took it to the grease monkey’s.
車が変な音を立てるから、整備士のあんちゃんのとこに持って行ったよ。

Monkey see, monkey do. (to imitate)
「猿が見る、猿がする」。(まねること)

I try not to let my kids watch too much trash T.V. You know what they are like: monkey see monkey do.
子供達にはしょうもない番組をあまり見せないようにしてるんだ。どんなのか知ってるだろ?ありゃ猿真似だね。

Hope they come in handy, look forward to seeing you all at the party on the 31st.
お役に立てば何よりです。31日の新年会で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

Jaimie.
ジェイミー