日常英会話レッスン - アメリカ英語の綴りと、イギリス英語の綴り - Part 3

The third difference in spelling between American and British English is the  –ISE / -IZE ending as shown below:

アメリカ英語とイギリス英語の三つ目の綴りの違いは、英単語の語尾に見られる、–ISE / -IZE

のスペリングの違いです:

American spelling avoids -ise endings in words like prioritise, realize and recognize. British mostly use the –ise ending though the –ize is also used at times.

UK: analyse /organise/ prioritise / realise/ recognise

US: analyze /organize/ prioritize / realize/ recognize


3) -ISE と -IZE

アメリカ式綴りでは、prioritiseのように、単語の語末を -se とすることが避けられ、realize、recognizeのように綴られます。イギリス英語では、ほとんどの場合 -ise が語末に使われますが、 -ize が使われる場合もたまにあります。

UKはイギリス、USはアメリカ:

〜を分析する/組織を作る/優先順位を決める/〜に気付く/〜と認識する

ケンジントン英会話

赤坂本校

〒810-0042

福岡市中央区赤坂1-12-3

ブラウンコーポ大津202

Website

西新校

〒810-0054

福岡県福岡市中央区今川2-3-48 アートビル202

TEL 090-2095-8124

Website

薬院校

〒810-0013

福岡県福岡市中央区大宮2-1-31 U/TERRACE 103

TEL 090-4346-9158

Website

六本松校

〒810-0044

福岡県福岡市中央区六本松二丁目12-8

ロマネスクL六本松205

TEL 080-8363-5246

Website

ケンジントンティーンズ 英会話

赤坂本校

〒810-0042

福岡市中央区赤坂1-12-3

ブラウンコーポ大津202

Website